検索
  • ykbys614

3つの医療レーザーについて

Ⅰ:医療レーザーに種類はあるの?

こんにちわ!

プライベートクリニック高田馬場です!

以前の記事で「アレキサンドライトレーザー」「YAGレーザー」というワードを

出していたと思いますがご存知でしょうか!?

脱毛機が出せるレーザーは主に3つ存在するのです!

今回は3つのレーザーについて説明したいと思います!!


アレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザー・ヤグレーザーはそれぞれ波長が異なるレーザーで、それによって肌の中への届き方が変わります。

波長が長いとレーザーが肌の奥まで届き、波長が短いと肌の浅いところで作用します。

メラニンへの反応は、波長が短いほど強くなります。


Ⅱ:アレキサンドライトレーザーとは・・・?

世界中で初期から最もよく使われてきた脱毛レーザーです!

毛の黒い色に強く反応するので、濃い毛の医療脱毛やフェイシャルケアによく使われています。黒々とした毛、太い毛の悩みを医療脱毛により軽減してくれるレーザーです。医療脱毛時に痛みはありますが、それほど強いものではなく、脱毛機に冷却装置が備わっていれば肌への負担をやわらげることができます。白い肌に対して照射することは火傷リスクは少なくメラニンを吸収するため、体毛に対して効果高く脱毛可能です。日本人向けですね!!


照射時のスポットサイズが多岐にわたり、6〜24mmまで変更可能であり、繰り返し照射可能です!そして患者側から見てもほかの脱毛レーザーよりも痛みの少ないのは大きな魅力です!また当院で使用しているジェントルマックスプロはこのアレキサンドライトレーザーとYAGレーザーの2つを搭載しており切り替えて使うことが可能です!







欠点しては、755nmの波長でありメラニンへの反応が良いため、日焼けや色黒・色素沈着の皮膚に使用すると火傷のリスクが高くなるため注意が必要です!また、機械の構造的な問題で消耗部品が多く、維持費が高いところ難点ですね・・・。



Ⅲ:ダイオードレーザーについて

アレキサンドライトレーザーの次に普及している脱毛レーザーです。レーザーの周期性をもつ持続的な振動を発生させる装置が小さいため、照射を行うハンドーピースに搭載可能なため、コスト面が低減できるメリットがあります!

接触型のハンドピースであり、冷却機能は搭載しているため接触型ハンドピースが主流です。光の波長は810nmまたは910nmのため他の2つに比べて中間のくらいと思って下さい!

長所としては故障が少なくメンテナンスコストが安い点でしょう!

痛みは中間程度で、一定の効果も得られ、深達性もそれなりです。

ある程度色素沈着皮膚にも強く、熱破壊式と蓄熱式の双方に取り入れられています!






肌自体にメラニンを含んだ日本人の肌質、黒くて太い毛質に適しています。

アレキサンドライトレーザーやヤグレーザーと比較すると、さまざまな脱毛部位に対応できるという特徴があります。ほかの脱毛機ではダメージを与えにくかった産毛や薄い毛などにも対応しています。

しかし、ダイオードはオールマイティな感じがあり重宝されがちですが、脱毛の際にジェルが必要で不快感が強く出てしまったり、回数を重ねていくうちに抜けた実感が薄れていき、多くの場合にはアレキサンドライトレーザーに移行する方が多いですね・・・。

コスト面を考えると始めからアレキサンドライトレーザーかYAGでスタートすることをおすすめします!!



Ⅳ:YAGレーザーについて

アレキサンドライトレーザーの弱点を補うために、脱毛に用いられることが多くなってきたレーザーです!色素沈着皮膚でも表皮熱傷を起こしにくく、メラニンへの吸収が少ないため黒人人種の脱毛でも行う事ができます!深いところまでレーザーが到達するため、抜けきらない部分でも高い効果が期待できますね!


肌の深い部位にある毛根に働きかけることができるヤグレーザーは、濃くて太い毛・根の深い毛が多いVIOや男性の髭などの医療脱毛に向いています。何度も照射したけれど残ってしまっていた毛にも対応しています。








以上3つのレーザーについて説明してきましたが、どうでしょうか??

それぞれのレーザーに特徴やメリットデメリットがあるためそれぞれの内容を考慮し、

ご自身にあった機械で脱毛を開始してみましょう!


〈最後に・・・〉

当院ではアレキサンドライト・YAGレーザーの2種類を搭載している「ジェントルマックプロ」を導入中のため患者様のニーズや肌に合わせて看護師・医師が診察し変更しております!

またスポットサイズも変更できるため患者様の骨格に合わせて細かく照射できることも利点です!

そんな当院で是非脱毛を始めてみましょう!!













16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示